名古屋市守山区 ききょう歯科クリニックのインプラント

インプラント

インプラントについて

インプラント インプラントは、50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。歯が無くなってしまった部分の骨にチタン製の歯根を植立する手術を行い、冠を被せて歯を作ったり、半固定の義歯を作ったりする方法です。

インプラントには、医学用語で「植立する」という意味があります。
失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法をインプラント治療といいます。

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

基本的にはインプラントは、歯が欠損しているどなたにでも適応できます。永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。「入れ歯」の 場合、硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合がありますが、インプラントではそれら の悩みを解消できます。

また、下記のことでお悩みの方に、名古屋市守山区の歯科医院(歯医者)ききょう野歯科クリニックでは「インプラント治療」をお勧めいたしております。

  • ブリッジで健康な歯を削るのは少し…と思われる方。
  • 入れ歯に抵抗感のある方(いればの針金が気になる方)。
  • 生まれつき歯が足りない方。
  • 病気や事故、何かのアクシデントで、歯を無くされた方。

尚、顎の骨が痩せて細くなってしまった方や上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなどといった、特殊な付帯手術が必要になる場合があります。当院では、骨造成にも対応しておりますので、安心して、インプラント治療をお受け頂くことが可能です。

ただし、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いと思われます。

  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、いろいろな理由で、医師が小手術には耐えられないと診断された方。
  • インプラントと他の治療法との比較

    インプラント
    インプラント

    インプラント治療の流れ

    インプラント

    インプラントを長持ちさせるには

    インプラント インプラントに歯をかぶせてからのメンテナンスが重要になります。
    天然歯と同様に、毎日の歯みがきは欠かさないで下さい。
    インプラントの周囲が不潔になると、腫れやうみが出て、骨の吸収が起こりインプラントが抜ける可能性があります。

    ただし、早めの対処で止めることが出来ます。
    歯医者さんで定期検診を行って下さい。

    インプラントには神経がないため、天然歯のように悪くなっても自覚症伏はありません。
    自覚症伏が出たときには手遅れになります。
    少しでも気になる所があったら、早めの検診をお勧めします。
    かみ合わせが変わったら、先生の指示を受けて下さい。

    インプラントの治療後、歯を抜いたり、歯がグラグラしたまま放置すると、かみ合わせのバランスが崩れ、インプラントや残った歯に悪影響が出る可能性があります。
    正しい歯みがき、定期検診を受けましょう。

    インプラントQ&A

    誰でもできますか?

    年齢の制限はありませんが、骨の成長が終了した20歳位から可能です。
    ただし、高齢になりあごの骨が退縮した方や全身疾患のある方、妊娠中の方はインプラント治療ができない場合があります。

    痛みはありますか?

    麻酔を行ってからインプラントを埋入しますので、痛みはほとんどありません。
    ただし、麻酔がきれてから1~2日は痛みや腫れが出る場合があります。

    治療期間はどのくらいかかりますか?

    インプラント埋入手術を行ってから、インプラントと骨がしっかりと結合するまでに2~6ヶ月位かかります。さらに歯の部分を作るために1ヶ月前後かかります。

    保険でできますか?

    インプラント治療は現在のところ、保険ではできません。
    治療費は埋入本数や歯の部分の材質により異なります。

    bnr

    名古屋市守山区の歯科医院(歯医者)ききょう歯科クリニック/歯周病治療・小児歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科

    logo

    KIKYOU DENTAL CLINIC All Rights Reserved.